社員一人ひとりの可能性を引き出すお互いに認め合う組織づくりへ

Methodology

自己肯定感は個人だけでなく組織にもあります。
自己肯定感の高い状態の組織は、
自発力が高くイキイキしています。

自己肯定感の高い人は、経験の振り返りを本音で前向きに行うので、周りからフィードバックを受けやすく行動変容のノウハウや意欲を獲得しやすいため、目標に向けた行動が活発になります。

ポイントは「できたこと」から始める
自己肯定感による行動変容と活気ある組織づくり

Solution

「できたこと」から始める
自己肯定感による行動変容と
活気ある組織づくり。

  • 研修+定着の仕組み(ITシステム or オリジナル手帳)

  • 【ITシステム】

  • 【オリジナル手帳】

  • 3つの導入ステップ

    1)お互いに認め合う文化の醸成
    2)目的思考と本質を見抜く力の育成
    3)自発力と業績アップの実現

  • 5つの特徴

    ● 130社に導入!目標達成のための行動習慣化メソッド「PDCFAサイクル」
    ● ベストセラー「できたことノート」シリーズの活用
    ● 認定講師制度による内製化可能
    ● 行動定着へのコミットメント
     (ITシステムの場合)日本とアメリカで特許を取得したシステムを採用
     (手帳の場合)著者永谷監修による「オリジナル・できたこと手帳」の開発支援
    ● データ分析による科学的なアプローチ

導入事例

様々な企業で導入されています

  • 大手飲食チェーン

    適用

    内定者が入社するまでの期間で関係性を構築するために活用

    内容

    「できたこと」を認め合う過程でお互いに理解を深め、同期や人事担当者との間に良好な関係性を構築することで、安心して入社できる環境が作られています。

  • 大手製造業

    適用

    新入社員が配属後に「行動を振り返る技術」をさらに深めるために活用

    内容

    目的思考により既成概念を超えた仕事の質の向上を目指し、自らの経験から学ぶ「行動を振り返る技術」を使って、自ら考え新しい行動を生み出せる人材が育成されています。

  • 大手医薬品開発支援

    適用

    全工場のQA/QC部門で意識向上と更なる品質向上のために活用

    内容

    意識向上をスローガンで終わらせず、現場で実行して効果が見いだせる具体的な施策として「できたことメソッド」が導入され、ポジティブな風土が醸成されています。

様々な企業で導入されています。

企業向けの詳細はこちらから

Books

  • 「絶対に達成する技術」

    1万人のデータからわかった、科学的に目標を達成する方法
    あなたの目標が「計画倒れ」になる本当の理由、教えます

    ビジネスパーソンにとって、さまざまなスパンで「目標を立てる」ことは日常的にやっていることでしょう。でも、実際に「その目標を達成できる」人はぐっと減り、「立てた目標は必ず達成できている」 という人は本当に一握りしかいません。では、”100%目標達成できる人”とは、どんな人間なのでしょうか?実は「簡単な習慣」から始められる人が”絶対達成”できるのです。

  • 「人材育成担当者のための 絶対に行動定着させる技術」

    1万2000人のデータから導き出された
    「研修」が変わる、「行動」が変わる45の具体策

    満足度アンケートのスコアに惑わされるな、上司を巻き込み、講師にも意識改革を促せ、目標設定が失敗する3つの理由に気をつけろ、職場での行動力を高める内省とチームづくりなど、1万2000人のデータから導き出された「研修」が変わる、「行動」が変わる45の具体策。

  • 「1日5分 「よい習慣」を無理なく身につける できたことノート」

    いまは気づいていない
    あなたの可能性をたぐり寄せるノート

    人は誰でも、よりよい生活をしたいと願っているもの。「ちょっとでもよい自分」に変われたら…。ぼんやりそう思っている人は多いはずです。だいじょうぶ。いまのアナタは「できたこと」だらけ。さぁ、肩の力を抜いて始めましょう。「できないこと」を見ても、落ち込むだけです。でも、1日の終わりに「できたこと」を振り返ると、確実に自分が変わっていきます。

  • 「できたこと手帳」

    昨日より今日、ちょっとよくなる

    家でも、会社でも、学校でも、私たちはつい「できないこと」ばかり見てしまいがち。でも、「できないこと」を見ても落ち込むだけです。この手帳は、1日の終わりに、その日の自分の「できたこと」を書き留めていき、週に1回、「ちょっと自分を振り返る」手助けをします。そうすることで、確実に自分が変わっていきます。

  • 「月イチ10分「できたこと」を振り返りなさい」

    失敗は無視、小さな成功習慣

    「経験」を振り返り、それを自身の成長につなげていく。こうした「振り返り」習慣が大切だと感じている人は多いと思います。一方で、その振り返り方については誰も教えてくれません。本書では、「できたこと」だけを見つめ、振り返ります。本書のメソッドで振り返れば、どんどん自分を前向きに高められ、夢や目標に近づける人になれるでしょう。

  • 子供との成長を楽しむ「親子向け できたこと手帳」

    「自発性」を育てるには、自己肯定と認め合いが大事

    「できたこと手帳®」を活用する多くの方から「この手帳を子育てに活用したい!」という声がたくさん聞こえてきました。そこで親子で一緒に楽しみながら行えるようにした「親子向け できたこと手帳®」が完成したのです。この手帳を使うことで自己肯定感が育ち、何事にも自発的に行動するようになります。

  • 「科学的にラクして達成する技術」

    目標達成はもっとラクしてできる

    もっとラクして達成したい、少しでも自分を成長させたいと願う多くの前向きな方々に向けて、この「5つの技術」をやさしく解説します。明日からすぐ使えるよう、実践的なノウハウを中心にまとめることに心を砕きました。また、仕事だけにとどまらず、人生のさまざまな場面で応用できる「原理原則」の内容になっています。