認定講師紹介

  • フェミアけいこ
    Femia Keiko

    活動エリア:大阪

    Bronze

    プロフィール

    1985年大阪府生まれ。
    カナダ人の夫と息子の3人家族。

    大手メーカーに就職後、海外顧客向け営業として10年以上担当し、海外11カ国での商談などを経験。育休を経て現在も同職につく。

    2018年には留学経験なしに公私ともに英語を使えるようになった経験を活かし、夫と共に「英語で伝える力を育む」親子ワークショップを主催。
    そこで活き活きとした子供たちの姿を見て、「語学力・表現力の向上には自己肯定感を高めることが大きな土台となる」と確信する。
    同時期に出会った「できたこと手帳」を続け約半年経った頃、自身の前向きな変化を実感する。当素晴らしいメソッドを伝えることで、「日本人の自己肯定感を底上げし、身近な人の悩み解決、表現力向上に役立てるかもしれない」との想いから2019年講師となり、現在講座活動を行なっている。

    参加者へ向けてのメッセージ

    「人前で話すのが苦手で親から心配される子供時代」
    「仕事に楽しさを見出せず、このままでいいのかと悩むアラサー時代」
    「子育てが上手く行かず自己嫌悪を引きずるママ生活」

    これらは全て、過去の私です。

    できたこと手帳のメソッドは「それではだめ、ポジティブに!」などとお伝えするものではありません。
    自分のネガティブ感情も含めてまずは認める。
    手帳をツールとして得る「承認体験」が新たな一歩を踏みだす勇気を与え、「内省」でその一歩を具体化し行動に移せるようになります。

    私もこの手帳を通してネガティブな印象を持っていた過去を認め、忙しいワーキングママ生活に加え講師としての活動を開始しました。
    私の体験談を交えてそのメソッドをお伝えすることで、皆さまが「昨日より今日、ちょっとよくなる」を毎日実感できるお手伝いができれば幸いです。

    ありのままの自分を認め、あなたの「ありたい姿」に近づいていける、新習慣を身につけてみませんか?